NTT DATA

NTTデータ関西

より高い精度やパフォーマンスを
求められる金融システム。

より高い精度やパフォーマンスを求められる金融システム。

長年の経験と実績で、新規システム開発から保守運用まで、
トータルなソリューションを提供。

長年にわたり金融機関の基幹系システム開発や維持管理の実績をもつ当社は、複数の金融機関が共同で利用する基幹系システムや周辺系システム、ネットワーク、ANSER(金融機関と顧客間の情報処理システム)などの開発に携わっています。また、生命保険業界においても、今まで培った業務知識とノウハウを活用し、新規のシステム開発から運用保守までのソリューションを提供しています。

金融ビジネス事業部のサービス概要

1.バンキングシステム

1.地銀共同システム
株式会社NTTデータが構築、運営する「地銀共同センター」(※1)の為替業務・運用業務の設計・開発・試験・運用管理の各工程に参画。さらに、各地方銀行が地銀共同センターへご加盟いただいた際の移行業務についても当社の独自ノウハウを発揮し、設計・開発・試験の各工程に参画しています。
2.その他システム
株式会社NTTデータと連携して関西エリアにおける地方銀行の基幹系・勘定系・外接系オンライン業務およびテレホンバンキングシステムの設計・開発・試験の各工程に参画しています。
  • ※1 「NTTデータ地銀共同センター」は、最新鋭機能を有する次世代バンキングアプリケーション「BeSTA」を採用した地方銀行・第二地方銀行向け共同利用型センター。NTTデータが30余年にわたり培ってきた共同センターの豊富な経験と実績を活かすことにより、平成16年1月よりサービスを開始、現在12の金融機関(うち6行が稼働中)が参加を決定しています。
    <地銀共同センター参加行> [銀行コード順:H19.7 現在]
    青森銀行、秋田銀行、荘内銀行(H18.5より稼働中)、岩手銀行(H17.1より稼働中)、千葉興業銀行(H16.10より稼働中)、北越銀行、福井銀行、京都銀行(H16.1より稼働中)、池田銀行(H17.1より稼働中)、四国銀行、西日本シティ銀行、愛知銀行(H19.1より稼働中)

2.保険システム

平成2年、大手生保向け共済年金システム更改への参画を契機とした豊富な経験にもとづき、現在では生命保険会社の基幹業務(個人保険、企業保険)の多岐にわたるシステム開発を、設計から開発、運用までNTTデータグループ体制によりサポートしています。
また最近では、複数の生命保険会社が利用する共同利用型システムの開発やインターネットサービスに関するオフショア開発など、新たな開発形態にまで取り組みを広げています。

3.金融広域ネットワークシステム

株式会社NTTデータが提供する大規模共同利用型オンラインシステム「信金共同システム」(※2)の開発・運用管理に参画。さらに、金融機関相互間のオンラインシステムである「全銀システム」(※3)に、サービス開始時から開発、運用業務に携わっています。加えて、ANSERシステム(※4)の音声系サービス、インターネットバンキングサービス、などの開発、運用管理業務に携わっています。

  • ※2 信金共同システムは、株式会社NTTデータが提供し全国を7つの地区に分割して各エリアの信用金庫が共同で利用する共同利用型のオンラインシステム。全国の約87%の信用金庫が加盟。
  • ※3 全銀システムは、株式会社NTTデータが提供する内国為替取引を、コンピュータと通信回線を利用してオンライン処理する大規模システム。国内金融機関のほぼすべてが利用中で、その取扱高、重要性において国内の決済システムのなかで先導的かつ中心的な役割を担っています。
  • ※4 ANSERシステムは、金融機関が企業・個人にEB/FBサービスやインターネットサービスを提供するための仕組みを提供するオンラインシステム。 1981年からサービスを開始し、全国500以上の金融機関にご利用いただいています。

金融ビジネス事業部の提供するソリューション

  • バンキングシステム
  • 保険システム
  • 金融広域ネットワークシステム
  • 金融分野共通システム

資料請求

個人のお客様、同業者の方は対象外とさせていただいております。

資料のご請求はこちら

  • お問い合わせ
  • 資料請求