NTT DATA

NTTデータ関西

京都電子工業株式会社様

企業プロフィール

東 海運株式会社
会社名
東 海運株式会社
所在地
東京都
資本金
22億9,498万円
従業員数
801名(連結)

見積もりから業務完了まで、
データの一元管理を実現。

陸海空、すべての輸送手段を駆使し国内外にさまざまな物流サービスを展開する東海運様。
2010年に導入していただいたNVOCC(※1) 向け海貨業務システム「ACTIONSⅡ」(※2)は、国際事業部様の業務データを一元的に管理するシステムです。
導入の経緯からシステムのメリット、今後の抱負についてお聞きしました。

東海運様の抱える課題と問題点

1

見積もり機能、検索機能を強化し、
業務を一元管理したい

東海運様が実感!
海貨業務システムの導入効果

1
業務データを案件ごとに一貫して管理できるように!

営業アプローチに必要な「見積書作成」からはじまり、「受注」「手配」「B/L(船荷証券)発行」、そして輸送する企業への下払いを計上する「手じまい」まで、業務データを一連の流れに沿って案件単位で管理することが可能になった。

2
必要なデータの抽出が格段に効率的・効果的に!

検索して抽出できるデータの種類が格段に増加。
過去のデータを有効に使えるのでデータ入力作業がスピーディーに行えるようになり、
入力ミスも少なくなった。また、複数のデータを組み合わせて一覧として出力できる機能もあるので、経営上の分析や判断をする際の貢献度も高い。

3
事業の変化への適応力が高まった!

連結子会社も同じ環境でオペレートできるため、事業の変化にも適応しやすくなった。

4
顧客満足度の向上に貢献!

「輸送中の自社の荷物を細かく追跡したい」という顧客企業の要望を、NVOCC向け海貨業務システムにあるデータを補正することで実現。継続的に把握率100%を達成し、
高い評価を得ることができた。

お問い合わせ、資料請求はこちらから。まずはお気軽にご相談ください。

  • お問い合わせ
  • 資料請求