NTT DATA

NTTデータ関西

(ニュースリリース)貴重資料デジタルアーカイブ公開開始

  ~近畿大学所蔵の貴重な資料をウェブサイト上で公開~

2018年5月1日

近畿大学
株式会社NTTデータ関西
株式会社NTTデータ

    近畿大学(大阪府東大阪市)は、平成30年(2018年)5月7日(月)から中央図書館で所蔵している貴重資料の閲覧を可能とする貴重資料デジタルアーカイブの公開を開始します。株式会社NTTデータ関西と株式会社NTTデータとの協働により、NTTデータが保有するデジタルアーカイブソリューション「AMLAD®(アムラッド)」※1を活用して構築しています。

本件のポイント

    ● 本学所蔵の貴重資料をデジタル化し、一般の方や学生にウェブサイト上で公開
    ● アーカイブシステムを新たに導入し、検索機能や資料の拡大・縮小等の操作機能を備えて、より閲覧しやすい形で提供
    ● デジタル化により、学生が貴重資料を学習、研究に利用しやすくなる

本件の概要

     本学中央図書館では、貴重書のほか、学問上希少で資料価値の高いキストナーコレクション※2や「西洋古版日本・アジア地図」など特定の分野やテーマに基づいて収集したコレクションを含め、約5,000冊の貴重資料を所蔵しています。
     これらの貴重資料をデジタル化しウェブサイト上に公開することで、利用者がパソコンやスマートフォンを通して自由にアクセスし、検索・閲覧・活用できるようになります。これまでも「エジプト誌」や「西洋古版日本・アジア地図」をウェブサイト上で公開していましたが、アーカイブシステムを導入することで、検索機能など閲覧における利便性が向上し、学生サービスの向上のみならず文化、教育分野における研究の発展に寄与します。
     今後も貴重資料のデジタル化を進め、希少性の高いものや利用頻度の高いものからコンテンツを順次公開していく予定です。

    ■URL:https://kda.clib.kindai.ac.jp/rarematerials
    ■公開日:平成30年(2018年)5月7日(月)12:00
    ※1 バチカン図書館における歴史的手書き文献のデジタル化・長期保存を目的としたデジタルアーカイビング事業に採用される等、国内外のさまざまなアーカイブシステム等に採用。
    ※2 第2次世界大戦当時、ニュルンベルクで活躍した古書籍商エルヴィン・キストナーよるコレクション。

ウェブサイトの特長

    ●多彩な検索機能やビューア閲覧機能の搭載
    「AMLAD®」は多彩な検索機能を備えており、キーワード検索やカテゴリ検索機能等の基本的な検索機能に加え、年代の範囲を指定して資料を検索できるようなタイムライン検索機能を提供しているため、直感的に資料を検索することが可能です。これにより、資料の検索性やアクセス性を高めています。また、「AMLAD®」が提供する高機能閲覧ビューアにより、資料の拡大・縮小等の操作が自在となり、研究にも活用しやすくなります。
    ● IIIFに対応
    デジタルアーカイブにおける画像共有のための国際規格IIIF(トリプルアイエフ:International Image Interoperability Framework)に対応しています。他機関のデジタルアーカイブとの画像データの共有を実現することで、コンテンツの利用価値を高めています。

おもなデジタル公開資料

    ●シェーデル「ニュルンベルク年代記」ニュルンベルク 1493年
    インキュナブラと呼ばれる15世紀後半に作られた最初期の印刷物のなかでも、多数の細密な挿絵で有名な貴重資料です。ニュルンベルクの人文学者ハルトマン・シェーデルが、聖書をもとにして世界の歴史や地理に関することを年代順に記述した大冊で、1493年にニュルンベルク最大の印刷業者アントン・コーベルガーの工房で印刷出版されました。

    ●「帝鑑図説」豊臣秀頼版 明 張居正(ちょうきょせい)・呂調陽(りょちょうよう)奉勅撰 慶長11年(1606年)
    慶長11年(1606年)に豊臣秀頼が出版した秀頼版と称される古活字版です。中国古代から宋代までの歴代諸帝についての善悪の政績を引き、これに解説と挿絵を加えた帝王教育の書で、全冊に豊富な挿絵を伴うことで珍重されています。
    本学では、巻末に臨済宗の僧・西笑承兌(さいしょうじょうたい)の跋文と呼ばれるあとがきがある有跋本と、跋文を除いた無跋本の両方を所蔵しています。





本件に関するお問合せ先

近畿大学 総務部広報室
TEL:06-4307-3007
E-mail:koho@kindai.ac.jp


株式会社NTTデータ関西 企画総務部 広報グループ
TEL:050-5545-3095
E-mail:information@nttdata-kansai.co.jp


株式会社NTTデータ 広報部
TEL:03-5546-8051