NTTデータ関西ロゴ画像

Recruiting Information

EMPLOYEE INTRODUCTION先輩社員紹介

IT業界で働く!成長する!

2011年入社 社会学部金融事業部:R.T

文系出身がIT会社に入社する不安・・・

自分は高校の頃から文系一筋で、苦手科目は「理系全般」という人間でした。そんな人間が、完全に理系分野であるITの世界でやっていけるのか。自ら志望してこの業界に来たものの、入社当初はそんな不安で頭が一杯でした。しかし、2ヶ月に及ぶプログラミングの基礎研修や、その他の充実したフォローアップ研修、OJTを通して、この仕事をやっていく上でのベースとなる知識を身につける事が出来ました。また、実際に実務に携わるようになると、「思ったより理系理系してないな(変な表現ですが・・・)」と感じる事が多くなってきました。もちろん開発の仕事をやっていますのでプログラミングの知識は必要ですが、それ以上に何故そのプログラムを使用するのか。このプログラムはどの様な仕組みになっているか等をいかに分かり易く相手(お客様など)に伝えるかの方が遥かに重要だと感じます。レビューの場でのプレゼンテーションや設計資料の作成など、最近はプログラミングよりもそちらに試行錯誤を繰り返す毎日です。そういう意味では、このIT業界では、文系の方も活躍できるフィールドは充分にあると言えると思います。不安に思わず、ぜひチャレンジしてみて下さい。

就活時代にやって良かったこと

就活中、私は特に企業研究に力を入れていました。学生時代、周りからとにかく就活では自己分析が大事だと言われ、就活を始めた当初は自分の事ばかり分析しました。しかし、就活は自分の事ばかり知っていてもうまくはいきません。就活はいわば企業における営業活動です。いくら売り出す商品(自分)の事をよく知っていても、売る相手(企業)の事を知らなければうまくいきません。例えば自分が高性能のパソコンだとして、それを売り込む相手に八百屋さんを選びますか?いくらパソコンの最新機能をうまく説明できたとしても、野菜の事しかしらない八百屋のおじさんには何一つ響きません。相手の事を知ってこそ、自分の強みが活きてくるのだと思います。実際私も企業の事を学び、その情報を自分の強みとマッチング出来るようになってから、就活がうまくいきはじめた経験があります。就職活動のひとつのやり方として参考にして頂ければ幸いです。

お給料の使い道・・・

大学時代から憧れているスポーツカーを買うために、今はお給料の殆どを貯金に回しています。 昼食で安いメニューを選んで節約するなど我慢の毎日ですが、夢があるからこそ続けられます。仕事も辛い事はたくさんありますが、「これを乗り越えればお給料が入る!お給料が入れば車が近づく!」と考えると、不思議と乗り越えられます。仕事に対するモチベーションにも色々ありますが、お給料も立派なモチベーションのひとつです。学生時代とは比べ物にならない額が毎月入ってきますので、最初は使い道に困惑していまいますが(と、言うより財布の紐が緩みっぱなしになりますが)その分色々な夢が広がりますし、仕事にもやる気が出ます。就職活動中のみなさんも「ここに入社すればお給料が入る!お給料が入れば○○が買える!」なんて考えてみると、就活のモチベーションもあがるかも!?

学生のみなさんへメッセージ

就職活動、大変だと思います。自分も一昨年は人生で一番しんどかったんじゃないかという経験をたくさんしました。しかし、大変だからこそ、全力で正面からこの就活というものにぶつかって欲しいと思います。こんな経験が出来るのって本当に今だけです。こんなに色々な会社を知れて、こんなに色々な会社の人と仕事について語れて、こんなに色々な会社の普段会えない偉い方々(社長など)に会える機会は就職活動以外にありません。色々な方法を模索して、就職活動を楽しんでやる!ぐらいの気概で臨んで欲しいと思います。しかし、こう口で言うのは簡単でも、中々気持ちを常に高く維持することは難しいものです。そんな時は、全てを忘れてパーッ!と遊びましょう。就活中は忘れがちになりますが、皆さんはまだ学生です。社会人になってみて強く思いますが、学生時代にしか出来ない事って本当に沢山あります。メリハリさえちゃんとつければ、就活中の息抜きは決してマイナスにはなりません。就活だけでなく、就活でも遊びでも色々な経験を積みに積んで、後輩として入社してきて頂ければなあと思います。学生時代、まだまだ時間はあります。何事も、楽しんでいきましょう!

当社は様々な社員が働いております。
社員と話してみたいという方は、是非お問い合わせください。

OB・OG 訪問のお問い合わせ