NTT DATA

NTTデータ関西

企業プロフィール

長岡香料株式会社
会社名
長岡香料株式会社
所在地
大阪府
資本金
9,600万円
従業員数
209名

SCAWで香り高い経理業務を実現!

最初に御社で扱っている商品について簡単に教えてください。

香料と言ってもなかなかイメージが湧かないでしょうが、日常生活のありとあらゆる部分で使われています。例えば石鹸を手につける、歯磨き粉を顔に近づけるとほのかに香りがしますよね。この香りはもちろん素材から発せられるものもあるのですが、ほとんどが香料を付加したものになっています。香料というものは暮らしのまわりにある様々な製品に、それにふさわしい香りをつけるための材料ということなんですね。大きく分けると2つあって食品に対して使われる香料を食品香料(フレーバー)と言って、石鹸とか化粧品などに使われる香料は香粧品香料(フレグランス)と言うんですね。前者が飲料関係、乳製品類、お菓子、アイスクリーム、調理食品、歯磨き粉、タバコなどに使われていて、後者が香水、乳液、口紅、石鹸、入浴剤、洗剤、消臭剤などに使われています。 ただ、香料というのは仮に1つの製品に100ぐらいの製品構成要素があったとすると、0.1ぐらいの割合なんですけど、あるとないではやはり大違いです。ですから今まで香料を使っていないようなものに少し使うだけで風味が増すなんてことも十分あり得るんですよ。

もう少し香料のことを教えてほしいのですが、
例えば製品の開発などはどのようにすすめられるのですか?

お客様(例えばお菓子メーカー)が一般顧客に販売しようとしている商品のイメージに合う香料を開発・提供するわけですから、メーカーさんの商品開発段階から参画してイメージに合うものを提案していかなくてはなりません。メーカーさんの商品イメージを把握した上で、フレーバリスト(調合士)がサンプルを作り、提案して、イメージに合うものに近づけていく、これの繰り返しです。ですから既存の商品を製造・販売するというようなことはほとんどなくて、毎回イメージに合うものを作ってご提供するというスタイルですね。製品採用が決まった後も他に転用がきかないし、風味劣化ということもありますから基本は受注生産ですね。

味覚や臭覚に合わせていくということですから、微妙な感覚が必要とされますね。

そうですね。だから香料というものはまず完成品がイメージされないと作れないんですよ。焼き菓子用の香料なら焼いても香りが飛ばないようなフレーバー特性というものがありますし、温度帯によって香りの発現特性が違うなど様々ですから。

商流はどういうルートになりますか。

メーカーさんへの直接販売という形ですね。比較的大手の会社さんとお付き合いが多いですね。

最初にSCAW財務をご導入いただいたのは8~9年前のことですが、導入のきっかけを教えてください。

現在のSCAW財務管理は長岡香料にとっては2代目ですが、平成7年(本格導入は平成8年)に初代を導入することになったんですね。当時は昔ながらの手書き伝票・手書き帳簿で電卓・算盤で検算・合計という流れできれいに文字を書いて、記入を間違わないのが美徳というような状態でした。システム化のきっかけとしては人員が1人減るということがあって、この際システムを導入して無駄を省き、作業の合理化を図りましょうということを上司に訴え、検討することになりました。

お問い合わせ、資料請求はこちらから。まずはお気軽にご相談ください。

  • お問い合わせ
  • 資料請求
  • お問い合わせ
  • 資料請求
  • 導入事例リーフレットダウンロード