NTT DATA 変える力を、ともに生み出す。

NTTデータ関西

SVFX-Designer 向けオプション

「SVFX-Designer」向けオプションは、組込み型FAXサーバソフトウェアdotFAX以外に「ファイル(画像データ)連携機能」と「dotFAXコンソール(送達確認機能)」を提供します。
「SVFX-Designer」向けオプションとウイングアーク テクノロジーズ株式会社の帳票ソリューション「SVFX-Designer」を組み合わせることで、「FAX通信機能」と「情報・データの帳票化機能」をノンプログラミングでご利用いただけます。

ファイル(画像データ)連携機能

FAX送信依頼用フォルダをチェックし、FAX送信依頼の原稿となるイメージファイルの生成を検知し、それに基づくFAX送信依頼を自動で発行するためのファイル連携機能です。

  • 「TIFF」形式と「PDF」形式の画像ファイルに対応します。
  • ファイル名から「送付先FAX電話番号」と「任意文字列」を取得します。
  • 受け付けたファイルの拡張子を確認することで、受付の結果ステータスを把握できます。
ファイル(画像データ)連携機能の概要図

dotFAXコンソール(送達確認機能)

FAXサーバソフト「dotFAX」 サーバにて処理されている、FAX送信依頼(自動送信を含む)/FAX受信の処理状況・結果を取得・確認する機能です。

  • dotFAX サーバから、FAX送信情報/FAX受信情報を取得し、GUIにて確認できます。
    依頼単位の詳細な処理結果を取得することができます。(処理ステータス/エラー理由/送信先FAX機のメーカーコード・CSI情報など)
  • 送信エラージョブの再送信/送信待ちジョブの中断/送信済みジョブの履歴削除をGUIから行えます。
dotFAXコンソール(送達確認機能)の概要図

SVF(SuperVisualFormade)との連携

SVF(SuperVisualFormade)の出力設定により、『(出力する画像データの)ファイル名』と『出力先フォルダ』を制御することで、dotFAXサーバへの送信依頼を制御できます。

SVF(SuperVisualFormade)との連携機能の概要図

ファイル名の制御

出力する画像データのファイル名が「AS_送付先FAX電話番号_任意文字列」になるようにSVF上で設定します。

  • ※ 任意の文字列に識別番号などを付与することにより、ファイル名がユニークになるよう設定します。

出力先フォルダの制御

SVF側で画像データの出力先フォルダ(FAX送信フォルダ)を制御することで、利用するFAXサーバを振り分けることができます。

  • ※ 複数のdotFAXサーバが同一フォルダを監視することはできません。台数分だけのフォルダを用意する必要があります。

オプション費用

「SVFX-Designer」向けオプション 標準価格1,000,000円(税別)
  • ※ 上記価格にはセットアップ費用、保守費用、PCサーバ及びCTI製品(FAXボード)の費用は含まれておりません。
  • ※ 上記価格には「SVFX-Designer」の費用は含まれておりません。
  • ※ 帳票出力を行うには、これに加えて「SVF for PDF」、「SVF for Java Print+SVF for Web/TIFF Java Edition」が必要となります。詳細はウイングアーク1st株式会社にお問い合わせください。
    帳票ソフトウエア製品一覧(ウイングアーク1st株式会社)
    http://www.wingarc.com/product/svf/
  • ※ 「SVF」、「SVFX-Designer」、「SVF for PDF」、「SVF for Java Print+SVF for Web/TIFF Java Edition」はウイングアーク1st株式会社の登録商標です。
  • ※ FAXサーバソフト「dotFAX®(ドットファックス)」は株式会社NTTデータ関西の登録商標です。

dotFAXのサービス体制

dotFAX導入事例

株式会社オークワ様

FAX同報送信システムの導入により、トラブル0で30%コスト削減を実現!

資料請求

個人のお客様、同業者の方は対象外とさせていただいております。

資料のご請求はこちら