NTT DATA 変える力を、ともに生み出す。

NTTデータ関西

(ニュースリリース)

コミュニケーションロボットによる認知症診断支援の実現性を検証 

2017年4月24日

株式会社NTTデータ関西(以下:NTTデータ関西)は、公立大学法人大阪市立大学(以下:大阪市立大学)と大阪市立弘済院附属病院(以下:弘済院附属病院)とともに、認知症疾患医療センターの指定を受けている弘済院附属病院において、コミュニケーションロボットによる認知症診断支援の実現性を検証する実証試験を2017年4月より開始します。

本実証試験では、コミュニケーションロボットとの会話ログ結果と医師による診断の結果の違いを分析し、コミュニケーションロボットによる認知症診断支援の効果について評価を行います。

本実証試験は、2017年6月まで行い、その結果を踏まえ、診断支援アルゴリズムの開発および様々なデバイスへの適用を検討します。今後、コミュニケーションロボットを使った認知症診断支援ソリューションの実用化を行い、認知症の予防・早期発見・医療現場の人材不足解消の実現を目指します。

【実証試験の概要】

     「認知症診断の対象者は、会話シナリオに従いコミュニケーションロボットと会話をします。コミュニケーションロボットを通じて収集した情報を、株式会社NTTデータのクラウドロボティクス基盤(注1)で、統合的に解析します。なお、これまでどおり医師による認知症の診断は行われ、両者の結果の違いを分析します。本実証試験では、コミュニケーションロボットによる認知症診断支援の実現性や効果を検証します。
    図1 実証試験イメージ

     本実証試験では、ヴイストン株式会社のコミュニケーションロボット「Sota™」を利用しています。
    NTTデータが提供するクラウドロボティクス基盤では、認知機能評価のための会話シナリオと会話ログを提供します。効果測定については、大阪市立大学、弘済院附属病院と協力して進めます。
    図2 コミュニケーションロボットとクラウドロボティックス基盤の連携イメージ

【実証試験の背景】

     近年、先進諸国を中心に高齢者の占める割合が高くなり、その中でも日本は、65歳以上の人口比率は26%を超え、最も高い水準となっており、今後、高齢者の割合が更に増加する傾向となり、認知症にかかる医療・介護費と家族の負担も含めた「社会的費用」は年間14.5兆円に上るといわれています。(注2)
     また、大阪市では平成19年に比べ7年間で認知症高齢者が42%増加しています。(注3)一方で、大阪府での介護人材の不足も顕著で、2025年には大阪府は3万3千人の介護人材が不足するといわれています。(注4)この社会的費用と介護人材の不足は、大阪府だけでなく、日本において喫緊の課題といわれています。
     それらを解決する取り組みの一環としてNTTデータ関西は、大阪市立大学および弘済院附属病院と協力して、コミュニケーションロボットを使った認知症診断支援へのアプローチを検討し、認知症の予防、早期発見、医療現場の人材不足解消の実現を目指します。

【今後の取り組み】

     本実証試験結果の成果を踏まえ、診断支援アルゴリズムの開発、改善を進めるとともに様々なデバイスへの適用を検討し、実用化を目指します。
     また、NTTデータ関西では、コミュニケーションロボットやセンサー等の様々なデバイスとNTTデータが開発するクラウドロボティックス基盤とを連携させた新たな仕組みを、関西圏を中心に、全国に推進していきます。

    注釈
    注1 クラウドロボティクス基盤とは、ロボット単体に限らず、ほかのロボットや複数のセンサーデバイスを連携させて、利用者や環境状況を
       正しく認識し、高度な知的処理を行うNTTデータが研究開発を進めている基盤です。
    注2 出典:認知症の社会的費用を推計
       https://www.keio.ac.jp/ja/press_release/2015/osa3qr000000wfwb-att/20150529_02.pdf
    注3 出典:大阪市認知症高齢者等の数
       http://www.city.osaka.lg.jp/fukushi/page/0000140752.html
    注4 出典:2025年に向けた介護人材にかかる需給推計(確定値)(都道府県別)
       http://www.mhlw.go.jp/file/04-Houdouhappyou-12004000-Shakaiengokyoku-Shakai-Fukushikibanka/270624houdou.pdf_2.pdf

    ※  「Sota™」は、ヴイストン株式会社の商標です。
    ※  その他の会社名、団体名、商品名は、各社の商標または登録商標です。


本件に関するお問合せ先

株式会社NTTデータ関西 企画総務部 広報G
TEL:050-5545-3095
E-mail:information@nttdata-kansai.co.jp