NTT DATA

NTTデータ関西

(お知らせ)コミュニケーションロボット「Sota™」
      京都銀行様の受付対応を開始

2018年11月26日

 株式会社NTTデータ関西は、2018年11月26日に「次世代型店舗」としてグランドオープンする株式会社京都銀行様(本店:京都市下京区、取締役頭取:土井 伸宏、以下:京都銀行様)の長浜支店において、受付応対用のコミュニケーションロボット「Sota™」を設置します。

 京都銀行様の長浜支店では従来型のハイ・ローカウンターがない店舗となっており、Sotaは長浜支店にご来店頂くお客様のお出迎えを行い、タッチパネルと連動してお客様のご用件を確認して、後方のスタッフにお伝えする業務を担います。

 親しみやすいコミュニケーションロボット「Sota™」でお出迎えし、簡単な操作をいただくことで、ご来店されたお客様にデジタルサービスを身近に簡単に体験いただくことができます。

【背景】

     昨今、金融機関業界はFinTech等によるデジタルトランスフォーメーションの積極的な取り組みが活発化しており、ビジネスでの適用が進んでいます。
     NTTデータ関西では、近年のAI・ロボティクスに関するテクノロジー分野の急激な成長を踏まえ、AI・ロボティクスと強調する新たな空間をお客様とともに創出する取り組みを行っています。
     また、京都銀行様においては「次世代型店舗」として長浜支店を11月26日にグランドオープンし、新しいスタイルの店舗を提供されます。
     NTTデータ関西は、京都銀行様における新しいスタイルの店舗取り組みの1つである、来店したお客様へのデジタル体験の提供と、お客様サービスの向上を目的として、コミュニケーションロボットSotaによるお客様受付サービスをご提供することとなりました。

【概要】

     Sotaは、店舗に来られたお客様を認識しお声掛けを行い、受付エリアにあるタブレット端末へ誘導します。 来店されたお客様は、Sota横に設置してあるタブレット端末にて、ご用件をタブレット端末のボタンから選択いただきます。その後、Sotaは、来店されたお客様へ、受付番号及びおおよその待ち時間をご案内致します。それと同時に、来店されたお客様のご用件をバックヤードに設置のタブレット端末へ連携し、行員の方に接客室での応対を促します。
     銀行様はバックヤードの設置の端末で来店いただいたお客様の履歴・用件等を確認することができ、よりよいサービス提供の検討に役立てることができます。
      
                    図 Sotaによる受付業務イメージ

    【今後の取り組み】

       NTTデータ関西では、AI・ロボティクスだけではなく、様々なソリューションを活用し、今後も地域金融機関の新しい店舗運営にお役立ちできるよう、様々なサービスの検討を進めていきます。


      ※「Sota™」はヴイストン株式会社の商標です。
      ※その他の会社名、団体名、商品名は、各社の商標または登録商標です。


    本件に関するお問合せ先

    株式会社NTTデータ関西 企画総務部 広報グループ
    TEL:050-5545-3095
    E-mail:information@nttdata-kansai.co.jp