NTT DATA 変える力を、ともに生み出す。

NTTデータ関西

OpenCube Workflow for SharePoint

OpenCube Workflow for SharePoint

SharePointで動作する日本製ワークフロー製品

SharePoint単独では対応しきれないワークフロー業務に対し、
SharePoint標準のワークフロー機能を拡張・補完・強化。

【SharePointを有効活用】
  • ハードウエアの追加投資や運用負担が増えない
  • 文書管理や検索、セキュリティ等が利用できる
  • Office365と連携、活用できる
※ワークフローを強化することでSharePoint導入の投資対効果が高まります。

OpenCube導入メリット

【Point①】お客様でメンテナンスが可能

VisioやExcel等、使い慣れたインタフェースで柔軟なワークフロー設定を簡単にできます。

【Point②】あらゆる業務プロセスに対応

代理承認、並行回覧、差戻し、サブワークフロー、期限切れ、催促、後回し、ナンバリング、リマインドなど拡張性に優れたワークフロー機能を提供します。

【Point③】業務の可視化が実現

進捗状況の表示や、ワークフローの統計情報の出力など、充実した証跡で業務プロセス改善に役立てることが可能です。
また、SQL Serverを活用した回覧文書の集計でレポートへの活用ができます。

【Point④】導入のしやすさ

使い慣れたWordやExcelで、回覧コメントの記入や回覧先の指定、回覧状況の確認ができます。ひとつひとつ入力フォームを作る必要がなく、ワークフローシステムの導入のし易さが向上しコスト削減を実現します。

【Point⑤】SharePointのリストアイテムの回覧に

OpenCube Workflowは、SharePointのワークフローを大幅に拡張・補完・強化します。また、セキュリティ権限も細かく制御できるため、SharePointで多用されるリストアイテムのワークフローをより広く活用できます。

OpenCube Workflow 2013 主な機能

豊富な機能

  • ●長いフロー
  • ●並行回覧
  • ●回覧履歴
  • ●年度更改
  • ●多様な採番

実務を円滑に進める

  • ●期限切れ
  • ●催促
  • ●後回し
  • ●引き戻し
  •  

アクセス監視

  • ●滞留時間集計
  • ●回覧履歴
  • ●管理者操作の記録

外部システム連携

  • ●Webサービスi/f
  • ●認証
  • ●ERP
  • ●アカウント登録

大規模運用の容易さ

  • ●フロー分割管理
  • ●配布・集約
  • ●サブフロー

高度なシステム連携

  • ●SDK
  • ●各種API
  • ●開発支援

NTTデータ関西の強みとLinkware連携

NTTデータ関西は、Webワークフローシステム開発に多くの実績・ノウハウをもち、お客様のITパートナーとして最適ソリューションをご提案しております。多数のWebシステム開発のSEが在籍しており、開発や保守サポートも万全です。また、基幹業務システムと同一基盤にSharePoint+OpenCubeを乗せることで業務システムや他のシステムとの連携がスムーズになります。

Linkwareアプリケーション基盤

資料請求

個人のお客様、同業者の方は対象外とさせていただいております。

資料のご請求はこちら

  • お問い合わせ
  • 資料請求