NTT DATA

NTTデータ関西

企業プロフィール

神原汽船株式会社
会社名
神原汽船株式会社
所在地
広島県
資本金
1億円
従業員数
71名

日中定期船航路で、船荷証券単位での入出金管理ができるSCAWフロント定期船営業システムを開発。
リアルタイムな情報の流れで、荷主サービスも実現!

広島県福山市に本拠を置く神原汽船株式会社は、日本と中国を結ぶ定期コンテナ船の営業管理、コンテナ管理、不定期船の運賃管理、船舶傭船の経費管理等を行うシステムをintra-martで開発。定期船では、日中の代理店がWebシステムを使って船積情報を入力すると、予約管理、運賃管理、売上管理、入出金管理、コンテナ動静管理、さらには財務会計にまでデータが連携し、自動計上が行われていく。B/L運賃単位の入出金管理の確立により、今後の戦略的な収益管理が可能になった。また、リアルタイムなデータの流れを確保できることから、定期コンテナビジネスで不可欠な貨物追跡システムも運用することができるなど、ハイレベルな荷主サービスを実現することに成功した。

神原汽船様の抱える課題と問題点

1

B/L単位の入出金管理をシステム管理し、売上を迅速に把握したい

神原汽船様が実感!
海貨業務システムの導入効果

1
すべての業務がスムーズに連携することによる手間とミスの低減!

本システムはERPパッケージのフロントシステムをも兼ねているため、代理店が船積情報を入力し、船が出港したときにその旨を入力すると、自動的に売上が計上され、最終的に財務管理まで連携していく。その結果、オペレータが不要となり、手間とミスを低減することができた。

2
スピーディで精度の高い、B/L運賃単位の入出金管理を確立!

代理店、船会社と情報共有しながら入金回収管理を行うため、未収金を見落とすこともなくなった。しかも、システム全体をWeb技術で統一しているため、運用管理の負荷がない。海外拠点のシステムも、本社から一極集中管理を行うことができた。

3
荷主サービスと国際競争力が向上!

貨物が今どこにあるかを追跡できるカーゴトレースシステムは、「Kambara i-net’s」によるデータの一元管理とリアルタイムなデータの回転なくしては、稼動させることが不可能であった。荷主サービスが向上するだけでなく、国際競争力も高まった。

お問い合わせ、資料請求はこちらから。まずはお気軽にご相談ください。

  • お問い合わせ
  • 資料請求