NTT DATA 変える力を、ともに生み出す。

NTTデータ関西

導入事例

株式会社レイズ様
販売管理システムの導入事例

会社統合に伴い、
将来性のある基幹業務システムにリプレース。
信頼できる人間関係が大きな原動力に。

「実は、F1参戦の際にも、技術的なハードルはそれほど高くはなかったんです」。
株式会社レイズは、鍛造マグネシウムホイールから鋳造ホイールまで、あらゆる工法のホイールを、社内で開発・製造・販売するアルミホイールメーカー。なかでも、主力製品の鍛造ホイールには、レースで蓄積されたノウハウが凝縮されており、市場が求める「軽さと強さ」の共存を高い技術力により実現。世界トップレベルの企業である。そんな同社は、2007年に自社製造製品の販売部門とグループ会社2社のアフターパーツマーケット部門を統合。個々に動いていた販売管理システムの一元化に乗り出した。

レイズ様の抱える課題と問題点

  • 受注、出荷、売上、入金の管理を一気通貫で行いたい

レイズ様が実感!
販売管理システムの導入効果

  • 販売管理の一元化による帳票数の削減と業務の効率化!
    複数が乱立していたシステムを1つにまとめたことにより、業務を一気通貫で行えるように。ホイール販売業務なら、受注、出荷、売上、入金の管理が一連のステップで行える。帳票の数も、従来は80~100件あったものが10件程度に削減。
  • ビジネス展開に即応できる拡張性!
    拡張性があるシステムだからこそ、将来的な海外展開に備えて、伝票データのEDI電送や英語での対応も考慮できる。また、携帯電話やウェブサイトなど、今後さまざまなメディアへの対応についても、拡張性があるのでスピードあるビジネスを展開できる。
  • 必要な時に必要なデータを作成、営業資料の作成を効率化!
    優れたEUC(エンドユーザーコンピューティング)により、ある月の販売データを取り出して営業資料をまとめたり、帳票を作ったりと、運用する人間が必要なときに必要なデータを作ることができるようになった。画面構成も使いやすく、従来は、回収残高を出すだけで大量の時間を費やしていたが、一発で出るようになった。

導入以前の業務管理の状況

固定観念に囚われない柔軟な考え方で、
販売管理システムの一元化を実現したい

photo
株式会社レイズ
管理部 経理課
課長代理
土井 俊昭氏
photo
株式会社レイズ
業務部
宮崎 篤祥氏
土井氏
当時は、販売管理システムが同時に3本走っていたので、それはもう大変な状況でした。ホイールの受注管理システムが1つ、そして、アフターパーツの仕入れ・卸し売りの管理システムが東西の販売会社で1つずつ。システムとしては大きく分けると2つの系統になるのですが、それぞれに業務内容に特化した形で作られていたので、商品マスタが異なっているなど使い勝手もまったく違いました。

そのため、各システムで専属の入力オペレーターが必要であったり、業務処理において、注文によっては同じ売掛データや仕入データを2つのシステムに入力しなければならない。また同様に、請求書は複数のシステムから出てきたものを一元化し、回収時には再び分けて処理するといった具合で、すべてにおいて非効率だったのです。そんな状態が1年ほど続いていましたので、一刻も早く効率の良いシステムを導入しないとコストがかかって仕方がない、という状況でした。

そこで、導入プロジェクトが立ち上がりました。プロジェクトのメンバーは5人。営業や業務、商品開発など各部門から、実際の業務に関わっている現場の人間が集まりました。システムの選択についても、すでに20年以上も付き合いのあるベンダーなど、複数の会社とのお付き合いがあったのですが、とにかく今回はまったくゼロからスタートしようということになったのです。ここが当社の面白い部分なのですが、どんな取り組みにも、できるだけ固定観念には囚われずに、常に新しい考え方を採り入れていこうとする風土があるんです。
宮崎氏
比較的若いお客さまが多いことと、商品自体が常に最先端のデザイン性や技術を求められる業界なので、会社の考え方はとても柔軟です。とはいえ、販売管理システムというのは会社の根幹部分ですから、プロジェクトの責任は非常に重い。しかも、できるだけ早く移行しなければならない。えらいことになったなと思いました(笑)。
もちろん、一番無難で安心できるのは、当社のことをよく知っているベンダーにそのまま頼むことなのですが、それではこのプロジェクトを立ち上げた意味がない。私たちが必要としている体制を実現するために、まずは信頼できるパートナー選びが大きな課題でした。

製品とベンダー選定のポイント

シンプル、コスト、平準化、利便性

土井氏
今までのベンダー以外に付き合いがある会社なんてありませんし、それを探すノウハウも、ゆっくり探す余裕もない。そんなときに、タイミングよく弊社を訪問されたのがNTTデータ関西でした。今までお付き合いのあったベンダー2社に加えて、ご提案をいただくことになったのです。
宮崎氏
パートナーの選定基準は、シンプル、コスト面、平準化、利便性。
各社のデモンストレーションでは、現場のスタッフが実際に使ってみて、その基準に合っているかどうかを判断しました。その結果、みんなの意見が「NTTデータ関西の販売管理システムテンプレート」と一致したのです。
特に私が気に入ったのは利便性にすぐれている点です。例えば、エクセルで作った表がシステムの受注画面にそのままコピーできるのを見たときは「これで作業がすごく楽になる!」と確信しました。まったく想像していなかったことなので、衝撃的でしたよ(笑)。
土井氏
それから、詳細なご提案を聞いているうちに、このシステムには発展性がありそうだと分かったんです。もし、現在のビジネスが拡張していっても、「NTTデータ関西の販売管理システムテンプレート」なら柔軟に対応できそうだと。他社のご提案も、当社を熟知されているだけにしっかりとした内容だったのですが、無難にまとまり過ぎていて、将来性があまり見えなかった。また、営業担当をはじめ、SEの方々の熱意ある対応も大きな要因だったと思います。週に何度も足を運んでもらって、素人の私たちにも分かりやすく説明してもらったり、細かな疑問にも丁寧に答えていただきました。
宮崎氏
当時はF1参戦を控えていたので「今は国内中心のビジネスも、海外展開する可能性が高い」と考えていました。その際には、伝票データのEDI電送や英語での対応も必要になるかもしれない。また、携帯電話やウェブサイトなど、今後普及していくであろうメディアにも対応しなければいけない。そういったさまざまな可能性にも、「NTTデータ関西の販売管理システムテンプレート」は拡張性があるという提案をもらっていました。
土井氏
他社のパッケージシステムも、多少のカスタマイズはできると聞いていましたが、その際には連携作業が必要であったりと、本当にスムーズに進められるのかイメージが湧きにくかった。詳しく話を聞くうちに、大がかりな変更にも対応できるのは、やはり「NTTデータ関西の販売管理システムテンプレート」だろうと思いました。もちろん、かなり不安もありましたよ。5人で遅くまで話し合って「本当にこっちを選んでいいのか?」「もし失敗したら、えらいことになるぞ」と(笑)。

当社のことを知らないベンダーが、更改までの短い期間でどこまで業務内容を理解してくれるんだろうか。マスターデータも新規で作るということは、担当者である私たちにもかなりの労力が必要となる。「苦労するのは自分たちだけど、それでも新規ベンダーを選んでいいのか?」とみんなに詰め寄ったこともありましたね。でもね、そこまで私たちを熱くさせてくれたのは、やはり営業担当の方の情熱だったと思いますね。

システムの善し悪しは実際に使ってみないと理解しにくいだけに、保守的な選択肢に流れる可能性も高くて、経営層にどう説明しようかと悩みました。SEの方々に相談にのっていただきながら、拡張性を代表する「フレームワーク」と、技術標準である.netをアピールポイントとして、役員にプレゼンしたことを憶えています。「NTTデータ関西の販売管理システムテンプレート」を採用すればきっと効率が上がると確信していたので、何とか決裁を通したいという思いが強くあったんですね。

要件定義からシステムスタートまで

データ移行時のサポートと、
スタート時の支援が見事

宮崎氏
初めの要件定義を終える頃には、「新規ベンダーがどこまで業務内容を分かってくれるか?」という不安は消えていました。とにかく、SEの皆さんの技術レベルが高いんです。業務内容に関する細かな要望を伝えてもすぐに理解してもらえるし、話の呑み込みが早い。当初一番気がかりだったのは、受注・請求・回収といった商品の流れについて理解していただけるかという点でしたが、「こうでないと困る」という内容も確実に把握してもらえたので、スムーズに進められました。逆にそうでないと、この短期間でリリースはできなかったと思います。
土井氏
煩雑な状況を早く打破するために、会社としてできるだけ早くリリースしたい。そのため、詳細設計が終わるまでの約4カ月間は、SEの方に常駐していただくことになったのです。その間はほぼ毎日ミーティングを行って、実際に動く画面を見ながら、現場のスタッフに作業内容や入力の仕方などを説明してもらって、不具合があれば修正するといった感じで進めていきました。
宮崎氏
要件をリストアップする部分に関しては、スムーズに進んだと思います。私自身、現場でシステムを触っていたので、どのような項目が必要かは分かっていましたから。SEの方からは、既存システムの仕様とほぼ近い内容に持っていくので、それ以外に何か要望があれば伝えてくださいと言われていましたので、考えもまとめやすかったです。

一番苦労したのは、最終段階でのデータ移行にあたって、各マスタを準備する作業です。約4~5万レコードはある商品データもそうでしたが、特に骨が折れたのは得意先データです。コード体系がバラバラなうえに、3つのシステムに分かれているものを1つにまとめる作業ってものすごく大変なんです。住所や名前が似たようなお得意さまデータを、3つの資料で見比べながら1つひとつ紐解いていきました。

商品データに関しては、新システムに移行するものと、現在進行形のものは旧システムのままで終わらせるものとに振り分けるようにしました。SEの方に移行の対象やスケジュールをまとめてもらったので、そのリストに従って作業を進めるようにしました。
宮崎氏
正直言って、実際にできあがってみると、想像していた動きと違っていたり、修正したい部分もかなり出てきました。しかし、サポート対応はものすごく早かった。すぐに人数を集めて、内容を検証して、いつまでに解決するといった具合で、レスポンスが見事でした。
土井氏
リリース当初は、2週間の立ち会いサポートをしていただきました。フロアにSEの方が何名か立っていて、分からないときは手をあげて呼ぶという具合です。また、システム動作だけでなく、新システムの操作方法に関する大量の問い合わせも発生したため、定形のフォーマットで依頼して回答してもらう日々が続きました。ただ、半年をすぎる頃にはかなり落ち着いてきて、1年過ぎると問い合わせ件数は、月に数件とほとんどなくなりました。

導入後の効果

受注、出荷、売上、入金の管理を
一気通貫で行えるようになり業務効率化を実現

宮崎氏
システムを1つにまとめたことのメリットは言うまでもないですが、販売管理業務を一気通貫で行えるようになったのは大きな成果です。例えば、ホイール販売業務なら、受注、出荷、売上、入金の管理が一連のステップで行える。帳票の数も、従来は80~100件あったものが10件程度に減らすことができました。

また、EUC(エンドユーザーコンピューティング)の使い勝手にもかなり満足しています。例えば、ある月の販売データを取り出して営業資料をまとめたり、帳票を作ったりと、運用する人間が必要なときに必要なデータを作れる画面がある。画面構成も使いやすい。従来は、回収残高を出すだけで大量の時間を費やしていましたが、一発で出るようになりました。

また、今までなら新たな仕様を加えるたびに数十万という追加コストがかかったり、不具合や改修すべき点が見つかって追加コストが発生することが多かった。その度に上司に説明しないといけない、というケースがほとんどでしたが、今回はまったくそういったことがなかったんです。

それから旧システムの時は、上司にあたる役員から、システムに対してさまざまな指摘を受けることが多かったのです。しかし、新システムに変えてからは特に指摘を受けることもないので、経営層も満足しているのだと思います。

今後の目標

販売管理と製造管理のリンク、
経営判断の材料となるようなシステムへ

土井氏
今後やっていきたいことはいろいろありますよ。販売管理だけでなく、製造管理とどのようにリンクさせるか。また、携帯電話やウェブサイトなどとの連携をいかに進めるか。すでにご提案いただいている販売支援ツールとしての機能についても検討していきたいと思っています。
宮崎氏
「現場での使いやすさ」ということを重視していたので、経営層が見る画面はあまりないのです。例えば、この商品はどれだけ在庫があって、こちらはほとんど回転していないので廃止しよう、といった経営判断の材料となるようなものに発展させられたらと思っています。F1参戦後は、海外からの引き合いも増えてきましたし、さまざまな面で販売管理の拡張性が生かされてくるだろうと期待しています。

企業プロフィール

photo

株式会社レイズ

会社名:
株式会社レイズ
所在地:
大阪府
資本金:
1,000万円
従業員数:
150名(グループ連結)

お問い合わせ、資料請求、リーフレットダウンロードはこちらから。
まずはお気軽にご相談ください。

イベント/セミナー

「販売管理システム Linkware®
現在、開催予定はございません。