NTT DATA

NTTデータ関西

(ニュースリリース)事務手続のペーパーレス化に向けて

  ~大学初、在学生の学費納入が納付書なしで振込可能に~

2019年4月4日

近畿大学
株式会社NTTデータ関西

    近畿大学(大阪府東大阪市)は株式会社NTTデータ関西(大阪府大阪市)と協働し、平成31年(2019年)4月5日(金)から新たな学費納入用WEBサイトを稼働させ、在学生の学費納入に際して、インターネットバンキングを活用して納付書なしで振り込みが可能となる新たな方法を導入します。
    これによって、大学としては初めて学生への学費納付書の送付を廃止し、学生・保護者の利便性を高めるとともに、諸手続のペーパーレス化を進めます。

    本件のポイント

      ● 学費の振り込みに際し、インターネットバンキングを利用した納付書不要の方法を導入
      ● 学生・保護者の利便性向上のため、諸手続のペーパーレス化に取り組む
      ● Fintechを活用することで手入力が不要となり、データ管理の作業とコストを大幅に削減可能

      ※ 金融(Finance)と技術(Technology)を組み合わせた造語。
        金融サービスと情報技術を結びつけたさまざまな革新的な動きを指す。

        出典:https://www.boj.or.jp/announcements/education/oshiete/kess/i25.htm/ 日本銀行

    本件の背景

      これまでは、大学から前期と後期の年2回(新入生は年1回)、在学生全員に学費納付書を郵送し、学生・保護者はそれを持って銀行窓口・ATMもしくはインターネットバンキングで学費を振り込む必要がありました。昨年度は、在学生約34,600人に納付書を発行するために、印刷費用や発送費用として約1,350万円ものコストが発生していました。また、従来の方法では、振込時に学生・保護者が氏名、学籍番号、振込金額を手入力した場合に入力ミスが発生することがあり、その修正・確認作業にも大きな労力がかかっていました。

    本件の内容

      新たに導入する方法では、紙で運用していた学費納付書を電子化し、学生・保護者用ポータルサイトとインターネットバンキングを連携させることで、振込時の氏名、学籍番号、振込金額の入力が不要になります。PCだけでなくスマートフォンにも対応しており、学生・保護者にとっては学費納入の利便性が向上するというメリットがあります。
      平成31年度(2019年度)前期は、まずは経営学部と短期大学部の在学生約4,000人(新入生を除く)を対象に導入し、問題なく稼働することが確認できれば、後期から東大阪キャンパスの全学部生へと対象範囲を広げる予定です。 今回の導入によって、学生・保護者の利便性が向上するとともに、大学側にとっても事務合理化とコスト削減が可能になるため、今後さらなる学生サービスの向上に取り組んでまいります。

    手続方法の詳細

      近畿大学の学生・保護者用ポータルサイト「近大UNIPA(ユニパ)」にログインし、大学指定銀行のインターネットバンキングサイトへ接続して学費を振り込みます。また、学費納付書をダウンロードし、従来通り金融機関の窓口・ATM等から振り込む方法も選択可能です。

                     2019年度学費納入期限:前期5月14日、後期10月15日

    【参考資料:近畿大学におけるITを活用した学生サービス】

      ■近大エコ出願
      平成25年度(2013年度)入試から、紙の願書の廃止を視野に、地球環境に優しく(エコロジー)、受験料の割引で受験生の経済的な負担も減らす(エコノミー)、インターネット出願「近大エコ出願」を開始。翌年には日本の大学では初めて紙の願書を廃止して、出願をインターネットに一本化することを宣言しました。

      ■Amazonでの教科書販売
      平成26年(2014年)9月に、日本の大学で初めてアマゾンジャパン合同会社(当時はアマゾンジャパン株式会社)と連携協定を締結し、Amazon.co.jpでの教科書販売を開始。教科書販売時期は学内の書店が混雑し、学生の大きな負担となっていましたが、この協定によって学生は購入先の選択肢が増え、買った教科書をコンビニや宅配で受け取ることも可能になりました。

      ■保護者用ポータルサイト
      平成27年(2015年)9月から、「保護者用ポータルサイト」を開設し、保護者がパソコンやスマートフォン等でリアルタイムに学生の授業の出欠状況や時間割表、成績などを把握することができるようになりました。授業の欠席が続くと留年や退学に繋がるケースがあることから、大学と保護者が協力して学生をサポートするためにこのサービスを開始しました。

      ■コンビニで卒業証明書発行
      平成28年(2016年)4月から、NTT西日本の証明書発行サービスを利用して、全国のコンビニエンスストアで卒業証明書等の各種証明書を発行するサービスを日本の大学で初めて導入。コンビニエンスストアに設置されたマルチコピー機で発行できるため、最短で即日発行が可能です。

      ■Visaプリペイド機能付き学生証
      平成28年(2016年)4月から、三井住友カード株式会社と提携し、Visaプリペイド機能を付帯した学生証をこの年開設された国際学部の新入生を対象に、日本の大学で初めて導入・発行。翌年には対象を全学部の新入生に拡大しました。学生だけでなく、保護者も専用サイトから残高をチャージすることができます。

      ■学内のキャッシュレス化
      平成30年(2018年)12月から、学内の食堂やコンビニ等、計10店舗でLINE Payによる決済を導入。平成31年(2019年)2月には、株式会社メルペイと包括連携協定を締結するなど、大学をあげて学内のキャッシュレス化を推進しています。

      ※その他の会社名、団体名、商品名は、各社の商標または登録商標です。


    本件に関するお問合せ先

    近畿大学 総務部広報室
    TEL:06-4307-3007
    E-mail:koho@kindai.ac.jp


    株式会社NTTデータ関西 経営企画部 広報グループ
    TEL:050-5545-3095
    E-mail:information@nttdata-kansai.co.jp