NTT DATA 変える力を、ともに生み出す。

NTTデータ関西

導入事例

株式会社神戸製鋼所様
受注生産向け生産管理システム「Biz∫SCAW製番管理システム」の導入事例

生産力向上の"鋭い牙"となるSCAW生産管理!

工場の製造ラインに不可欠な汎用圧縮機(コンプレッサ)の分野において、業界トップクラスのシェアと商品力を誇る株式会社神戸製鋼所 機械エンジニアリングカンパニー 圧縮機事業部 汎用圧縮機工場。超小型機から大型機までをシリーズ化し、多様な業種のニーズに応えている。ここ数年は、時代のニーズを捉えた省エネルギー機種の開発に力を入れており、2002年には油冷式スクリュ圧縮機「コベライアン」が「優秀省エネルギー機器」として『日本機械工業連合会会長賞』を受賞するなど、高精度のスクリュ技術を盛り込んだ製品群は国内外で高い評価を獲得している。

同工場では、さらなる生産性の向上と収益力強化に向け、株式会社NTTデータシステムズの「SCAW(スコー)生産管理システム」を導入。SCAWパートナーである株式会社NTTデータ関西の全面的サポートを得て、同社製品の販売・サービスを統括するコベルコ・コンプレッサ株式会社との“製販一体”の新システムを構築している。

神戸製鋼所様の抱える課題と問題点

  • 生産ラインの効率化と仕掛削減

  • 業務のスピードアップ化、工数削減、業務精度の向上

神戸製鋼所様が実感!
Biz∫SCAW製番管理システムの導入効果

  • 真に連携のとれた製販一体のシステムを実現!

    以前は見かけだけの製販一体システムで内部的には別のシステムがインターフェースをとりながら稼動しており、非常に急ぐ場合などは営業が注文を受けてから工場に電話確認をすることがあるなど非効率的なところもあったが、今は早ければ当日にも出荷できるようになった。
  • パーツのリアルタイム在庫確認により、サービスがスピーディーに!

    サービス部門では、サービスパーツの在庫状況をリアルタイムで確認できるようになり、修理依頼の連絡を受けた時点で工事日の設定までできるようになった。これによりスピーディーな顧客サービスを提供できるようになった。
  • 仕込計画と組立計画の連動によるリードタイムの短縮化!

    生産現場では、仕込計画と組立計画の連動によるリードタイムの短縮化や、作業工程の見直し・効率化を実現した。とりわけ特急品や割込み品への対応などには、スケジューラソフトの活用により計画策定業務の最適化が図れるようになった。
  • ラインの流れを可視化することで、現場の意識改革に!

    POP端末の簡単な操作により、各ラインの進捗状況を現場で入力。リアルタイムの情報を把握できるようになった。これにより、現場の負担を軽くしながらの進捗管理を実現。ラインの流れがよく見えるようになったことで、現場スタッフの生産管理や品質管理に対する意識が確実にアップした。

導入以前の業務管理の状況

生産ラインの効率化と仕掛削減、
製販システムの一体化を実現したい

photo
株式会社神戸製鋼所
瀧野 康浩氏
photo
株式会社神戸製鋼所
横山 泰弘氏
photo
コベルコシステム株式会社
釣本 雅也氏
photo
コベルコシステム株式会社
森下 真一氏
瀧野氏
大きなテーマとしては、生産ラインの効率化と仕掛削減、製販システムの一体化ですね。具体的には、データの取り出しが遅い、各種計画の連携がかんばしくない、営業サイドから工場の動きが見えにくいなど、システム上のさまざまな課題が存在していました。そこで、ちょうど旧システムの導入から5年目で、ハードウェアのサポート切れのタイミングでもあったんです。通常はハードのバージョンアップに合わせて使い慣れたERPをそのままバージョンアップするケースが多いと思いますが、現場での使い勝手など旧システムにはいろいろ不満があったので、この機会にソフトウェアから見直すことにしました。
横山氏
ERP導入というと、パッケージに業務を合わせて標準化するという考え方が強いと思いますが、それでは現場がとても使いづらい。業務改善はもちろんですが、現場にも使いやすいシステムが欲しかったんです。
瀧野氏
そこで、今回はいきなりパッケージを選ぶのではなく、各システム会社には我々の希望を全部聞いてもらった上で、企画フェーズの提案からお願いしました。特定のパッケージからの発想でなく、本当に当社に合うシステムは何なのかをプロの視点で、当社の立場に立って提案して欲しかったんです。

製品とベンダー選定のポイント

自社のワークフローにマッチした
柔軟で使いやすいERP

瀧野氏
実は販売・サービスを統括するコベルコ・コンプレッサ株式会社では、当社より早くSCAWの財務管理システムを導入しており、その評価が高かったので今回のコンペにも参加してもらいました。まず企画の段階で、NTTデータ関西さんには、リアルタイムの工程管理ができるスケジューラソフトや、現場で手軽にデータ入力できるPOP端末システムなど、業務改善に役立つ提案をいろいろとしていただきました。現場のことをよく考えてくれているなと感じ、ありがたかったですね。そういう意味では、SEや営業の方の熱意や、何度も打ち合わせを繰り返す中で築いてきた信頼関係もSCAW選定の大きなポイントと言えます。
釣本氏
ERPも、3社だけでなくいろいろな会社のパッケージを見比べさせてもらいましたが、SCAWがいちばん完成度が高いというか、現場に合っていると思いましたね。
横山氏
「とくに旧システムが外国産のERPで、日本のビジネス習慣に合わない面が多かったので、国産のERPは使いやすいなあというのが実感です。例えば、海外では外部の工場に材料を支給して製品や部品を作ってもらうという発想がないんですよ。

導入後の効果

業務のスピードアップ化、工数削減によるコストダウン、
業務精度の向上を実現

瀧野氏
今回「生産管理」と「販売管理」、2つのシステム導入により、真に連携のとれた製販一体のシステムを実現することができました。以前は、見かけは製販一体のシステムを構築していましたが、システム内部的には別のシステムがインターフェースをとりながら稼動しており、非常に急ぐ場合などは営業が注文を受けてから工場に電話確認をすることがあるなど非効率的なところもありました。しかし、今は早ければ当日にも出荷できるので、販売店様やお客様にもご迷惑をかけることが少なくなっています。当社のような汎用品、とくに1.5kwクラスの小型コンプレッサの成約は競合との納期勝負といったケースも少なくないので、こうしたスピードアップのメリットは非常に大きいと思います。
横山氏
サービス部門でも、サービスパーツの在庫状況をリアルタイムで確認できるので、修理依頼の連絡を受けた時点で工事日の設定までできるようになったと喜ばれています。
釣本氏
製造のデータを営業に送るのに、以前は夜間にバッチ処理をして翌日ようやく営業に情報が届くという状態でしたからね。MRP(資材所要量計画)も、以前は処理時間の関係で1週間に一度しか回していませんでしたが、今は数10分で済むので毎日回せています。現場のユーザーはあまり意識されていないかも知れませんが、メンテナンスする立場から言うと、レスポンスが格段に早くなったことは非常にありがたいですね。
森下氏
SCAWのソースを全部開示してもらえたことも、大きなメリットだと思います。導入後はコベルコシステムでメンテナンスするということが当初から決まっていましたので、開発期間中の約8ヶ月間は、私がNTTデータ関西さんの方に張り付いて一緒に開発に取り組みました。そのため、ユーザーへの改善対応もだいたいは内部でできるので、とても助かっています。
横山氏
もちろん生産現場では、仕込計画と組立計画の連動によるリードタイムの短縮化や、作業工程の見直し・効率化につながっています。とりわけ特急品や割込み品への対応などには、スケジューラソフトの活用により計画策定業務の最適化が図れるようになりました。 また、POP端末の簡単な操作で、それぞれのラインの進捗状況を現場で入力してもらえるので、リアルタイムの情報を把握できるようになりました。以前は班長や職長が各々の製品ラインのチェックシートを集めて、1日の作業終了後にパソコン入力していたので、現場の負担も大きく、ミスが発生することもありました。現在は、異常などラインアウトで予定通り仕上がっていないものも確実にチェックできるので、指示が出しやすいですね。
瀧野氏
ラインの流れがよく見えるようになったことで、現場スタッフの生産管理や品質管理に対する意識が確実にアップしていますね。システムだけでなく、それを使う人の意識が大切なんだということを実感しました。

今後の目標

使う側の要求とともに成長するシステムに

瀧野氏
そうですね。財務などとは違い、生産管理というのは企業ごとに異なるのはもちろん、同じ企業においても日々進化することが求められます。そういう意味では、システムを入れて終わりということはなく、むしろ使う我々の要求もどんどん高くなっていくので、基幹システムをベースに改善を加えながら、より良いシステムに育てていくものだと思うんです。今後もNTTデータ関西さんに我々の立場に立った提案をしていただきたいですね。そうしてお互いに成長を続けながら、次回のバージョンアップの機会には一緒により良いシステムを作っていきたいと期待しています。

企業プロフィール

photo

株式会社神戸製鋼所

会社名:
株式会社神戸製鋼所
所在地:
兵庫県
資本金:
2,509億円(2015年3月31日現在)
従業員数:
連結 36,338人(2016年3月31日現在)
単体 10,833人(2016年3月31日現在、出向者を除く)

お問い合わせ、資料請求、リーフレットダウンロードはこちらから。
まずはお気軽にご相談ください。