NTT DATA 変える力を、ともに生み出す。

NTTデータ関西

導入事例

長岡香料株式会社様
Biz∫会計の導入事例

SCAWで香り高い経理業務を実現!

最初に御社で扱っている商品について簡単に教えてください。

香料と言ってもなかなかイメージが湧かないでしょうが、日常生活のありとあらゆる部分で使われています。例えば石鹸を手につける、歯磨き粉を顔に近づけるとほのかに香りがしますよね。この香りはもちろん素材から発せられるものもあるのですが、ほとんどが香料を付加したものになっています。香料というものは暮らしのまわりにあるさまざまな製品に、それにふさわしい香りをつけるための材料ということなんですね。大きく分けると2つあって食品に対して使われる香料を食品香料(フレーバー)と言って、石鹸とか化粧品などに使われる香料は香粧品香料(フレグランス)と言うんですね。前者が飲料関係、乳製品類、お菓子、アイスクリーム、調理食品、歯磨き粉、タバコなどに使われていて、後者が香水、乳液、口紅、石鹸、入浴剤、洗剤、消臭剤などに使われています。 ただ、香料というのは仮に1つの製品に100ぐらいの製品構成要素があったとすると、0.1ぐらいの割合なんですけど、あるとないではやはり大違いです。ですから今まで香料を使っていないようなものに少し使うだけで風味が増すなんてことも十分あり得るんですよ。

もう少し香料のことを教えてほしいのですが、例えば製品の開発などはどのようにすすめられるのですか?

お客様(例えばお菓子メーカー)が一般顧客に販売しようとしている商品のイメージに合う香料を開発・提供するわけですから、メーカーさんの商品開発段階から参画してイメージに合うものを提案していかなくてはなりません。メーカーさんの商品イメージを把握した上で、フレーバリスト(調合士)がサンプルを作り、提案して、イメージに合うものに近づけていく、これの繰り返しです。ですから既存の商品を製造・販売するというようなことはほとんどなくて、毎回イメージに合うものを作ってご提供するというスタイルですね。製品採用が決まった後も他に転用がきかないし、風味劣化ということもありますから基本は受注生産ですね。

味覚や臭覚に合わせていくということですから、微妙な感覚が必要とされますね。

そうですね。だから香料というものはまず完成品がイメージされないと作れないんですよ。焼き菓子用の香料なら焼いても香りが飛ばないようなフレーバー特性というものがありますし、温度帯によって香りの発現特性が違うなどさまざまですから。

商流はどういうルートになりますか。

メーカーさんへの直接販売という形ですね。比較的大手の会社さんとお付き合いが多いですね。

最初にSCAW財務をご導入いただいたのは8〜9年前のことですが、導入のきっかけを教えてください。

現在のSCAW財務管理は長岡香料にとっては2代目ですが、平成7年(本格導入は平成8年)に初代を導入することになったんですね。当時は昔ながらの手書き伝票・手書き帳簿で電卓・算盤で検算・合計という流れできれいに文字を書いて、記入を間違わないのが美徳というような状態でした。システム化のきっかけとしては人員が1人減るということがあって、この際システムを導入して無駄を省き、作業の合理化を図りましょうということを上司に訴え、検討することになりました。

新会計システムを選ぶ基準としてはどのような点を重視されましたか?

当時の上司は本社以外の拠点を従来どおりで、本社で全てデータ入力をするというように考えていたのですが、それではシステムとしての意味がないわけです。当然、本社・東京・静岡・茨木・福岡各拠点の人員が誰でも簡単に入力できることが絶対条件です。また、コンピュータに関しては素人ばかりでしたので、何かあった時に素早く対応をしてくれる体制を取れる業者さんでないといけないと考えていました。

当然いくつか検討されたと思いますが、SCAWを選ばれた理由は?

従来から親密なお付き合いのある業者さんからの提案もありました。1つはWindowsとDOSが混在したようなソフト。もう1つはDOSベースのシステムでしたね。時期としてはWindows95が日本で出始める頃だったのですが、その頃はまだDOSベースのシステムが多く、Windowsベースであっても完全に対応していないなど戸惑いもありましたね。見ていたのは割り合い規模の大きな会社さんのソフトでしたので、何かあった時にすぐに対応してくれるだろうかという不安と時期的にやはりDOSというのを採用する気にはならなかったですね。SCAWについてはデータ入力が従来の手書き伝票の延長線上のような方式で抵抗もなくできそうでしたし、摘要欄も自在性があって機能的には必要十分という感じでした。あと、営業マンの熱意もというのも大きかったですね。

導入からスタートまでの苦労などはいかがでしたか?

平成8年の4月からの本格稼動を目指して平成7年の11月に機材搬入、12月以降3月までを試験期間としたのですが、蓋を開けてみれば本社は人員が1人減ったため、従来の事務処理が大変になって、なかなかシステムの確認作業まで手が回りませんでした。また、当時、当社のネットワーク環境の問題で各拠点の事務員が都合の良い時間に作業ができないことも発覚するなど、4月までほとんどテストらしいことはできないままにスタートすることになってしまいました。最初はデータ更新ができなかったり、手形管理から一般会計にデータが渡らないなどと毎日何か起こってましたが、G/Wにサーバーを再度検証してトラブルもほぼ収束しました。6月頃には各拠点の事務員も作業に慣れて、手書きの頃に比べれば事務処理も大幅に短縮されました。

手書き時代に比べると合理化効果は顕著に出ましたか?

それまでは月初に前月末の伝票がたくさん溜まって、それを月次決算のために短時間に処理をしないといけなかったので作業自体大変でしたし、ミスもよくありました。このあたりが改善されたのは大きかったですね。具体的には計算および検算間違いの消滅、記帳・転記時間の消滅などですね。伝票作成、記帳の能率が大幅にUPしました。

現在お使いいただいているSCAWは2代目ということになりますが、こちらへのバージョンアップ時は問題が起こるようなことはなかったですか?

それは問題なく。画面イメージが多少違うなど少し戸惑うところもありましたけれど、大きな問題ではありません。また、これはハードウェアに負うところが大きいかもしれないですけど、処理速度が格段に速くなりましたね。一次システムの頃はWAN環境や大量印刷にはかなり時間を要してましたからね。

バージョンアップ時は財務システム単体ではなくて、生産管理も販売管理も再構築されるなど大きいプロジェクトだったと思いますが、どのようにすすめられましたか?

財務以外のシステムにもそれぞれその部署の責任者がいましたから、それぞれのシステムとしては稼動していますが、財務から見るとデータの連携上不十分と考えている点はあります。これは運用の問題もありますので、次期システムでは見直さないといけない点だと思っています。やはりシステム検討というものは現在できていないことができるようになって便利になるということや役に立つとかそういうことが大事ですからね。

今回の長岡香料さんはSCAWユーザーの中でも初期からお使いいただいているお客様です。一次システム導入の頃は世の中でもオープンシステムの導入期にあたり、技術そのものや技術者自身も未熟というような時代でした。そんなことからご迷惑をお掛けすることも多かったお客様なのですが、本インタビューの中で付き合いを続けたいベンダーに求めるものとして、“何か起こった時の素早い対応”を一番大事な要素として挙げていただきました。当社もその期待を裏切ることのないようにサポートしようと思います。
本日は貴重なお時間をいただき、ありがとうございました。

企業プロフィール

photo

長岡香料株式会社

会社名:
長岡香料株式会社
所在地:
大阪府
資本金:
9,600万円
従業員数:
209名

お問い合わせ、資料請求、リーフレットダウンロードはこちらから。
まずはお気軽にご相談ください。

イベント/セミナー

「Biz∫会計」
現在、開催予定はございません。