データドリブン経営の推進を支援するソリューションを追加しました。

2022年5月20日
株式会社NTTデータ関西

NTTデ-タ関西は、データドリブン経営の推進を支援するよう、新たに2つのソリューションサイトを追加し、1つのソリューションサイトをリニューアルしました。
近年、さまざまな業界においてDX化・デジタル化への動きが活発であり、あらゆる経営/業務課題の解決に向けて『経営に活かすデータ活用』であるデータドリブン経営が注目されています。



データ分析・活用ソリューション

データドリブン経営を目指される企業様に対して構想策定段階から支援し、さまざまなNTTデータグループのソリューションを組み合わせたデータ分析基盤の提供、導入後のデータ活用・全社定着に向けた支援までトータルに対応します。



Power BI

Power BIは、データにアクセスし分析を簡単に開始することができるセルフサービスBIツールであり、Excelライクな操作感を残しつつ、脱Excelを効率的に実現可能にします。
Excelでは、扱うデータが大きくなるにつれて手間・時間がかかりますが、Power BIではさまざまなレポートの共有や分析が可能で、データの保護などの機能も備えており、ノンプログラミングで簡単に分析ニーズに応える分析プラットフォームとなっています。
NTTデ-タ関西ではPower BIの力を最大限に引き出していただけるよう、企業様内におけるPower BIを通したデータ活用の定着・推進を支援します。


Snowflake

柔軟な拡張・簡易な運用により、サイロ化されたデータを一元管理し、データドリブン経営に不可欠なプラットフォームを実現します。
DWHを保持されている企業様において、既存のDWHのストレージ拡張が困難であったり、アクセスユーザーの同時接続時の性能劣化、コスト等の課題があると推測しますが、Snowflakeはこれらの課題を解決します。