Faxterrier

SOAP I/Fでのご利用をご検討のお客様

送信エラーとなった際に自動的に再送信依頼(リトライ)されますか?
FAX送信エラー時に自動的に再送信依頼(リトライ)を行う機能はございません。再送信依頼を行う必要があるかどうかは、お客様の判断が必要となる場合が多分にございますので、システム側で自動的に再送信依頼を行うことはできません。

ただし、送信エラー理由が、「話中」「無応答」(お客様の再依頼の判断を必要としない理由)の場合には、自動的にリダイヤルを行う機能がございます。この機能をご利用いただく場合には、FAX送信依頼ごとに、リダイヤル回数、リダイヤル間隔を設定いただくことが可能です。またFAX送信依頼時にご指定いただかない場合でも、契約企業様ごとに初期設定値として設定する、リダイヤル回数、リダイヤル間隔でリダイヤルを実施します。この初期設定値は変更することも可能です。
FAX送信結果はどのような形で取得できますか?
お客様側システムから、「Faxterrier」の「結果取得API」をコールいただく方法(プル形式)と、「Faxterrier」側からお客様システム側に通知する方法(プッシュ形式)があります。プル形式をご選択いただく場合には、1送信依頼ごとに結果を取得するAPIや、日時範囲を指定して一括で結果を取得するAPI等が提供されています。プッシュ形式をご利用いただく場合には、お客様システム側にIISサーバやデータベース等の、Faxterrierからの結果通知を受け取り、格納できる仕組みが必要となります。
「Faxterrier」(SOAP I/F)の利用に際して、専用装置、専用回線が必要ですか?
「Faxterrier」をご利用いただくにあたり、専用装置、専用回線は必要がありません。ご利用いただくお客様システムがインターネットに接続可能な環境であればご利用いただけます。ご利用いただくお客様システムが、インターネットに接続可能な環境が整備されていない場合には、一般的なルータおよび一般的な接続回線(Internet-VPN等)をご準備いただく必要がございます。
FAX送付状を作成する機能はありますか?
大変申し訳ございませんが、「Faxterrier」にFAX送付状を含む、新規原稿作成の機能はございません。お客様システム側にてFAX送付状を作成くださいますようお願いいたします。
FAX送信時に、TSIコードを付与することができますか?
可能です。FAX送信依頼ごとに付与するTSIコードを指定することが可能です。
FAX送信原稿のヘッダー、フッター部分に「送信元情報」を追記できますか?
可能です。 FAX送信依頼ごとにヘッダー、フッターに付与する文字情報を指定していただきます。また、文字情報の他に、もしくは文字情報に加え、「FAX送信依頼受付時間」の追記指定を行うことも可能です。
1リクエストで、複数種類の拡張子の原稿ファイルをFAX送信依頼することができますか?
1リクエストで指定できるファイル数は1ファイルのみとなります。そのため、複数拡張子のファイルを1リクエストで指定し、FAX送信依頼を行うことはできません。お客様システム側で、拡張子を統一していただき、1ファイルでFAX送信依頼を実施していただくよう、構築をお願いいたします。
同報送信はできますか?
同一原稿を、1リクエストで複数の宛先に送信する「一斉同報送信」機能はございません。同一原稿を、送信先を変更して、複数回(送信宛先数分)リクエストをいただくことで、「順次同報送信」を行うことは可能です。その場合には、「Faxterrier」側へ一度送付した原稿を指定(利用)して、送信依頼を行うことも可能です。
送信リクエストが滞留している場合に割り込み送信は可能ですか?
「Faxterrier」は多くのお客様が共同でご利用いただいているサービスのため、割り込み送信を許可しておりません。システムが受け付けた順にFAX送信を実行します。
どのようなAPIが公開されていますか?
「Faxterrier」が提供するWebサービスメソッドの一覧を以下に示します。構文の詳細やご利用方法につきましてはお気軽にお問い合わせください。
業務 処理名 メソッド名 機能概要
FAX送信 送信依頼 SendRequest 「Faxterrier」に格納済みの指定イメージファイルを、指定の電話番号にFAX送信します。
FAX送信 送信情報取得 GetSendInformation FAX送信状況の情報を取得します。

メール I/Fでのご利用をご検討のお客様

送信エラーとなった際に自動的に再送信されますか?
FAX送信エラー時に自動的に再依頼を行う機能はございません。再送信を行う必要があるかどうかは、お客様の判断が必要となる場合が多分にございますので、システム側で自動的に再依頼を行うことはできません。

ただし、送信エラー理由が、「話中」「無応答」(お客様の再依頼の判断を必要としない理由)の場合には、自動的にリトライを行う機能がございます。この機能をご利用いただく場合には、契約企業様ごとに初期設定値としてリトライ回数、リトライ間隔を設定することができ、サービス利用中いつでも変更することが可能です。
FAX送信結果はどのような形で確認できますか?
FAX送信依頼ごとに、「Faxterrier」からFAX送信結果通知メールを返信します。FAX送信結果通知メールは、メール本文にFAX送信結果を記述する形式と、添付ファイルとしてFAX送信結果をHTML形式で記述した.txtを添付する形式をご選択いただけます。また、FAX送信結果メールの返信タイミングも「依頼ごと」「送信エラー時のみ」等お客様の運用に合わせてご選択いただけます。
FAX送信結果を複数ユーザー(システム)に通知することはできますか?
可能です。FAX送信依頼メールのにFAX送信結果通知メールを送信したいユーザー(システム)のメールアドレスを設定いただくことで、FAX送信依頼メールのユーザーとユーザーに「Faxterrier」から結果通知メールを配信します。
「Faxterrier」(メールI/F)の利用に際して、専用装置、専用回線が必要ですか?
「Faxterrier」(メールI/F)をご利用いただくにあたり、専用装置、専用回線は必要がありません。ご利用いただくお客様システムがインターネットに接続可能な環境であればご利用いただけます。お客様のメール環境によっては、なんらの設備追加も行わず、現状の環境をそのまま利用して接続することも可能です。
FAX送付状を作成する機能はありますか?
大変申し訳ございませんが、「Faxterrier」にFAX送付状を含む、新規原稿作成の機能はございません。お客様システム側にてFAX送付状を作成くださいますようお願いいたします。
FAX送信時に、TSIコードを付与することができますか?
可能です。初期設定値として付与するTSIコードを決定いただきます。この初期設定値はサービスをご利用中いつでも変更することが可能です。
1リクエストで、複数種類の拡張子の原稿ファイルをFAX送信依頼をすることができますか?
1FAX送信依頼メールに複数拡張子のファイルを添付して、FAX送信依頼を行うことが可能です。ただし、全ファイルの合計FAX送信ページが500ページを超える場合は、エラーとなります。
同報送信はできますか?
同一原稿を、1リクエストで複数の宛先に送信する「一斉同報送信」機能はございません。同一原稿を、送信先を変更して、複数回(送信宛先数分)リクエストをいただくことで、「順次同報送信」を行うことは可能です。

結果照会コンソール

送信結果の検索は可能ですか?
任意文字のキーワードを指定して、検索することが可能です。また、文字検索の他に、送信日時での絞り込みや、送信状態(正常送信、エラー、送信中)での絞り込みも可能です。お探しの情報に、簡単に辿り着ける機能を豊富に提供しています。
送信結果一覧のダウンロードは可能ですか?
ご指定いただいた期間内の送信結果一覧をCSV形式でダウンロードすることが可能です。ただし、「Faxterrier」が履歴を保持する期間は○○日間となりますので、○○日に一度の頻度でダウンロードいただく運用をご検討くださいますようお願いいたします。
Faxterrierコンソールのセキュリティはどのようになっていますか?
お客様企業単位ごとにID・パスワードを付与し、セキュリティを確保しております。また、パスワードは変更することが可能ですので、定期的に変更をいただく等の運用により、さらにセキュリティを強化することが可能です。
Faxterrierコンソールで、他部署の履歴は閲覧させない制御が可能ですか?
申し訳ございませんが、「Faxterrier」ではお客様企業単位ごとに管理しているため、企業内組織を意識したアクセス制御の機能はございません。部署ごとに「Faxterrier」をご契約いただく等で対処をご検討くださいますようお願いいたします。
Faxterrierコンソールを利用する上で、クライアントの利用条件はありますか?
クライアント接続のためのブラウザ要件は以下の通りです。
Microsoft Internet Explorer バージョン 8.0以降(32bit版)