ProtectFAX®

誤送信が招く個人情報流出の現状

FAXの深刻なセキュリティホールを見逃していませんか?

平成17年4月1日施行の個人情報保護法により、個人情報に関連する業務運用管理はこれまでにない厳正化が求められています。
FAXは、事業所ではパソコンより高い普及率を維持し、商習慣上不可欠な情報通信手段ですが、情報漏洩の点では、以下のようなセキュリティ上の危険性を持ち合わせているのも事実です。

個人情報流出につながるFAX誤送信の原因

オペレーショナルリスク(ヒューマンエラー)

ダイヤル操作のミス

  • ダイヤル操作のミス
  • 数字や短縮ボタンの押し間違い

宛先管理のミス

  • 宛先リストの更新漏れや短縮ボタン登録ミス

送信原稿の取り違え

FAX通信に対する社会的背景

  • 個人情報保護法全面施行に伴う措置要
  • 誤送信は企業イメージに大きな痛手
  • 宛先が業務時間外だと受信拒否
「protectFAX®」protectFAX®の導入効果と主な特長

ProtectFAX®導入事例

株式会社オークワ様

株式会社オークワ様
FAX同報送信システムの導入により、トラブル0で30%コスト削減を実現!

続きを読む

三井住友トラスト・ローン&ファイナンス株式会社様

三井住友トラスト・ローン&ファイナンス株式会社様
システム、ヒューマンの複合チェックでFAX誤送信を防ぐ!業務フローはそのままで、誤送信がゼロに!

続きを読む

近畿労働金庫様

近畿労働金庫様
現有機器でワンストップオペレーションを実現。FAX誤送信をシャットアウト。

続きを読む